県民の皆様へ

かかりつけ薬局とは

かかりつけ薬局とは?

処方せんを受け取ったら、自宅の近くや、いつも行く商店街の薬局など、患者さんが一番気軽に相談でき、また信頼できる薬局を【かかりつけ薬局】に決めましょう。  どこの医療機関にかかっても、1ヶ所の薬局(かかりつけ薬局)で調剤を受けることが大切です。(薬局は自由に選べます)
「かかりつけ薬局」では、患者さんの体質、薬によるアレルギー、現在服用中の薬などをお尋ねし、処方された薬とともに「薬歴」に記録して、患者さんの薬についての説明や相談に役立てています。

かかりつけ薬局ではこんなことをしています
  • 薬歴(薬の服用の記録)をつくります。
  • 薬の飲み合わせ(相互作用)に危険なものがないか確認します。(複数のお医者さんから同時に処方せんが出た時など。)
  • 市販薬や健康食品等との飲み合わせも確認します。
  • 薬の服用について気をつけることなどを説明し、必要に応じて文書をお渡しします。
  • おくすり手帳を発行しています。

かかりつけ薬局を決めていない場合

かかりつけ薬局を決めていない場合

»かかりつけ薬局を決めていない場合

(かかりつけ泣き顔.pdf 25KB)

かかりつけ薬局を決めている場合

かかりつけ薬局を決めている場合

»かかりつけ薬局を決めている場合

(かかりつけ 笑顔.pdf 31KB)

Adobe Readerのダウンロードはこちら

PDFファイルをご覧頂くためには、左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして「Adobe Reader」をダウンロードして下さい。

ページの先頭へ