Okayama Pharmaceutical Association
会員ページログイン

薬事情報センター

薬に関するお問合せをお受けしています

たとえばこんな時…
  • 複数の医療機関からお薬をもらっていて、のみ合わせが心配。
  • 今のんでいるお薬の副作用について、もっと知りたい。
薬剤師のイメージ
みなさまの「かかりつけ薬局」にて
問い合わせることもできます。
お問い合わせは電話、FAXまたは メールでお受けしております。 
※匿名でのお問い合わせには、お答えできません※
 (一社)岡山県薬剤師会・薬事情報センターは「医薬品の有効性と安全性を確保し、薬物などによる危害防止のため、薬事全般にわたる情報を的確かつ効率的に処置し、地域住民の保健衛生の向上に寄与する」ことを目的として、昭和59(1984)年に開設されました。
 以来、薬剤師をはじめ、医師、歯科医師、獣医師、看護師など医療関係者、製薬メーカー、薬業問屋、さらに一般の方々からの問い合わせを受け、年間約2,000~3,000件のくすりに関する質問にお答えしてまいりました。いただいたご質問の内容は、のみ合わせ(相互作用)や副作用、効能効果、中毒に対する処置、健康食品に関することなど、多岐にわたります。一般の方のくすりに対する関心も年々高まり、問い合わせの件数も年々増えています。
 なお、一般消費者向けの誤飲したら」「食中毒の知識」「消毒のしかた」「薬のミニ知識健康食品の安全性・有効性情報」「健康食品の正しい利用法」もご覧ください。(携帯電話からもご利用になれます。こちらら)
みなさまのご利用をお待ちしております。  

携帯サイトへのQRコード
業務時間
平日8時半~17時(土/日/祝祭日休業)
TEL
086-222-5440
FAX
086-225-2645
住所
岡山市北区表町1-3-50
      E-mailopa-di@opa.or.jp

※新型コロナウイルス感染症についてまとめました※

【コロナウイルスQ&A】マスク皮膚炎対策

 新型コロナウイルス対策としてのマスクの長時間着用や最近の暑さに伴い、マスクによる皮膚のトラブルが増えています。

◆ニキビ(吹き出物)
マスクが擦れることにより角層が厚くなると、毛穴の入り口が詰まって、皮脂が溜まり、ニキビ(吹き出物)が発生しやすくなります。
<対策>
・大人のニキビは、摩擦によって生じやすいという特徴があり、摩擦をおこさないよう、刺激の少ない肌あたりの柔らかいマスクを選ぶ。
・コットンを肌に乗せてからマスクを着用する。
・保湿効果のあるクリームを使用する。
・通気性の良いマスク生地を選ぶ、口周りに汗をかいたらこまめにティッシュなどでふき取る(マスクの中が蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすく、ニキビを悪化させる)。
・できてしまったニキビや吹き出物も、よく洗顔料で洗い、化粧水などで十分保湿する。
・痛みがある、赤く膿みを持つようなら、保冷剤で冷やす。
・手でつぶしたり、押し出したりしない(痕が残る)。

◆乾燥
マスクをしていると、呼気(吐く息)中の水蒸気がマスク内に広がって、保湿されたように感じるかもしれませんが、マスクを外すと水分は一気に蒸発して肌の水分を奪うため、肌が乾燥に傾きます。肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下し、細菌やウイルスの侵入が容易になります。すると口唇ヘルペスができやすくなったり、湿疹が起こりやすくなったりします。
<対策>
 何より保湿が大切です。化粧水でたっぷりの水分を補ったあと、乳液やクリーム等で水分が逃げないようにケアしてください 。
これからの季節は紫外線量が増えるため、毎日のスキンケアには紫外線による乾燥ダメージも加わります。UVクリームを使用した場合は、クレンジングや洗顔などの落とすケアをしっかりと。
毛穴に詰まった汚れを落とし切れていないと、そこからさらに肌荒れを引き起こしてしまいます。
帰宅してマスクをはずしたら、まず丁寧に汚れを落とすケアを行いましょう。その際に、ごしごしと肌を擦るのではなく、肌への負担が少ないクレンジング剤や洗顔料を選んでください。そのあと、たっぷりと保湿してください。
◆肌荒れ
マスクのかぶれ(接触皮膚炎)や、表情や口の動きにより肌とマスクが擦れることによる物理的刺激で角層のバリア状態が悪化します。また、マスク内の蒸れも刺激になり、さらに肌トラブルを引き起こすこともあります。口周りが赤くただれて粉をふくことがあります。軽度のかゆみがあり、熱めのお湯で洗顔するとヒリヒリと刺激が現れます。またマスクに付着した花粉やホコリ、汚れによる肌への刺激も肌荒れの原因となる場合があるので注意してください。
<対策>
炎症をともなっている場合には、保冷剤などで冷やし、その後たっぷりの保湿剤を使用してください。
花粉やホコリ、汚れの付着による肌荒れの対策としても、まずは洗顔をしっかり行い、肌を清潔に保つことを心掛けてください。

【まとめ】
(1)かぶれない素材、清潔で肌当たりの柔らかいマスクを着用する。
   (布マスクも選択肢のひとつ)
(2)摩擦軽減のため、マスクと肌の間に柔らかい不織布をはさむ。
(3)着用時は、雑菌繁殖しないよう蒸れに気をつけて通気性の良いものを選ぶようにする。マスクの種類を選べないときは、口周りに汗をかいた際はこまめに拭き取る。
(4)定期的にマスクをはずして、蒸れを逃す。
(5)保冷剤などで冷やす。
(6)マスクについた花粉やウイルス、汚れなどが刺激になる可能性があるため、しっかりと洗顔し清潔に保つ。洗顔時の摩擦に注意。
(7)洗顔後の保湿は念入りに。すぐにマスクをするのではなく、いつも通り、化粧水で水分を補い、乳液やクリームなどで潤いの保護を。

※ガーゼマスクの方が肌にはいい?※
一概にどちらが良いとは言えませんが、不織布マスクは化学繊維でできているので、天然素材の綿でできているガーゼマスクよりもかぶれやアレルギーが起こりやすいと言えます。一般に花粉やウイルスを排除する機能は不織布マスクの方が優れていますが、肌が擦れて痒みや赤みが出ている場合には、ガーゼマスクに変えてみるのもよいでしょう。

※マスクのサイズを選ぶ基準は?※
マスクが顔のサイズよりも小さいと、肌を擦って刺激になります。マスクは着用した時に鼻から顎までが隠れるくらいの大きさで、ゴムや紐の部分が耳に擦れて痛くならない程度のものがおすすめです。しゃべっても、マスクが上下したりずり落ちて鼻が見えたりしないものを。

◆耳切れ
マスクを長時間つけることで耳にひもが擦れ続け、炎症を起こすなどのいわゆる「マスク皮膚炎」が問題となっています。
 ひどい場合、耳の裏側が裂けることがあります。
<対策>
・耳のケア:乳液やクリームなどを薄く、塗っておく。
      耳裏にたまった汗をウェットティッシュなどでこまめに拭き取る
・マスクを固定:マスクのひもに余裕を持たせ、耳が引っ張られない工夫をする。
・使いやすいサイズに切ったティッシュペーパー、コットン、ガーゼなどを耳かけゴムに当てる(接触面積が広くなることで耳にかかる負担が分散し、耳への食い込みが軽減される)。
・グッズを使う:
シリコン製の耳かけゴム用カバー  コイル状のストッパー


・ゴムをかける場所:
 クリップまたは輪ゴムを利用して、マスクの耳かけゴムをつなげ、耳にかけず「後頭部」にかけることで痛みを避ける方法もあります。クリップの場合は、左右の耳かけゴムをそれぞれクリップに通してつなげます。輪ゴムの場合は、耳かけゴムの片方に輪ゴムを通し、もう片方に輪ゴムを固結びします。1本では長さが足りないときは、輪ゴムを2本に増やしてみてください。
左右の耳かけゴムをつなげたら、上からかぶるようにしてマスクを着用します。耳かけゴムを耳ではなく後頭部にかけることで、耳への食い込みと痛みがなくなります。
顔とマスクの間に隙間があると、そこから細菌やウイルス飛沫が侵入してしまうので、この方法を試す場合には、マスクはしっかりと顔にフィットするようにつけましょう。

・耳かけゴムの幅が広いタイプのマスクを選ぶ
・自分に合ったサイズのマスクを選ぶ。
 (顔に対して小さなサイズのマスクを選ぶと、ずっと耳がゴムに引っぱられることになり、痛みが出やすくなる)

※自分に合ったマスクのサイズは?※
親指と人差し指でL字を作ります。そして親指の先端を耳の付け根の一番高いところに、人差し指の先端を鼻の付け根から1㎝下に当てます。次に、親指から人差し指までの長さを測ってください。
長さが9~11㎝なら「こどもサイズ」、10.5~12.5㎝なら「小さめサイズ」、
12~14.5㎝なら「ふつうサイズ」、14㎝以上なら「大きめサイズ」のマスクがおすすめです。
プリーツを広げた時に、鼻からあごまでをしっかりと覆うようにつけましょう。鼻や口を圧迫せず、呼吸がしやすいかどうかもしっかりチェックを。耳かけゴムがゆるく、顔とマスクの間に隙間があいてしまう場合は、ゴムを結んでつけるなど、耳に負担がかからないよう、適度に顔にフィットさせるよう工夫しましょう。

【コロナウイルスQ&A】マスク着用と熱中症について

 マスクは飛沫の拡散予防に有効ですが、着用していない場合と比べると心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど身体に負担がかかることがあります。
 熱中症に詳しい日本医科大学大学院の横堀將司教授は「マスクによって一概に熱中症になりやすいということではないが、マスクを着けると呼吸がしにくくなり、心拍数や呼吸数が1割ほど増えるというデータがあります。そこに運動や気温の急激な上昇が加わると、熱中症になるリスクが高まる」と指摘しています。
そのうえで「マスクで飛沫感染を防ぐことは重要だが、高齢者や1人暮らしの人は特に熱中症に注意が必要だ。屋外であれば木陰などの人が少ない場所でマスクを外して休むことも心がけ、さらに汗で湿ると通気性が悪くなるので、マスクを適度に取り替えることもしてほしい」と話しています。
高温や多湿といった環境下でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合にはマスクをはずすようにしましょう。

マスクを着用する場合には強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。
また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効ですが、一般的な家庭用エアコンは空気を循環させるだけで換気はしていないので、新型コロナウイルス対策のためには冷房時でも窓を開けたり換気扇を使ったりして換気を行う必要があります。この場合、室内温度が高くなりがちなので、エアコンの温度設定を下げるなどの調整をしてください。

【コロナウイルスQ&A】無症状病原体保有者(症状はないがPCR検査が陽性だった者)から感染しますか。

 一般的に、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合は、症状が最も強く現れる時期に、他者へウイルスを感染させる可能性も最も高くなると考えられています。
 しかし、新型コロナウイルスでは、症状が明らかになる前から、感染が広がるおそれがあるとの専門家の指摘や研究結果も示されており、例えば、台湾における研究では、新型コロナウイルス感染症は、発症前も含めて、発症前後の時期に最も感染力が高いとの報告がされています。
 したがって、人と人との距離をとること(Social distancing: 社会的距離)、外出の際のマスク着用、咳エチケット、石けんによる手洗い、アルコールによる手指消毒、換気といった一般的な感染症対策や、十分な睡眠をとる等の健康管理を心がけるとともに、地域における状況(緊急事態宣言が出されているかどうかやお住まいの自治体の出している情報を参考にしてください)も踏まえて、予防に取り組んでください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q2-3

【コロナウイルスQ&A】新型コロナウイルスとインフルエンザの同時感染はありますか?

 長崎大熱帯医学研究所の森田公一所長(ウイルス学)によると、中国・武漢大学人民病院が2月に公開した調査結果では、武漢の新型コロナ感染者104人のうち数人が、季節性インフルエンザにも同時に感染していたことが報告されていました。日本でも「全てを把握しているわけではないが、併発した症例があった」(厚生労働省)といいます。
 インフルエンザウイルスは、鼻から喉頭までの上気道の細胞への感染が一般的ですが、新型コロナウイルスは上気道に加え、肺の奥の細胞にまで感染して肺炎を発症させます。森田所長は「全く違う病気なので、短期間に両方のウイルスに暴露した場合、武漢での報告例のように両方を同時期に発症することはあり得る」とします。心配されるのは単独感染と比べた重症度ですが「現時点では症例が少ないため明らかになっていない」(森田所長)とのことです。
 どんなことに注意すればいいのでしょうか。そもそも新型コロナ感染症とインフルエンザの症状は、発熱や咳、喉の痛み、体のだるさなど多くが共通します。医療機関を受診した場合、インフルエンザは簡便な検査キットがあるためすぐに判明します。森田所長は「処方された薬を服用して3、4日経過しても快方に向かわない場合は、同時感染の可能性もゼロではない。かかりつけ医に、まず電話で相談するのが望ましい」と話します。
 予防はどちらも手洗いが基本です。実際に、2020年の全国のインフルエンザ累計患者数(厚労省推計、3月29日時点)は約413万人と前年同期(約1064万人)の約4割に減少。新型コロナ感染予防で手洗いの徹底が浸透したことなども一因とみられます。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/598184/

【コロナウイルス対策】消毒用アルコールがない時の消毒・除菌

消毒用アルコールがない時の消毒・除菌について、まとめました。
コロナウイルス対策2020年03月10日/ PDF形式 / 543KB


◆PM2.5に関する情報◆
 環境省ホームページ
お薬手帳
かかりつけ薬剤師・薬局
JPALS
岡山県学校薬剤師会
支部サイト
ページの先頭へ