Okayama Pharmaceutical Association
会員ページログイン

薬剤師の仕事

 薬剤師は、医薬品全般について、幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。薬剤師は次のような活躍をしています。

薬局薬剤師

 処方箋による調剤や医薬品の販売を行います。くすりの用法用量や相互作用、副作用などを確認し、医薬品が安全有効に使用されるよう調剤します。他の薬と飲みあわせの危険性があるなどの疑問がある時は、医師に確認します。また薬の名前や効果、飲む時の注意などを患者さんに説明(服薬指導)するとともに、患者さんのそれまでの服用歴などを記録します。
 セルフメディケーションの一環として、一般用医薬品(OTC薬)の選択のお手伝いすることも大切な役割です。地域の身近な医療や健康などの相談窓口にも対応しています。
 また在宅患者の家を訪問し服薬指導や薬剤管理指導などを行う在宅医療業務も行っています。

病院薬剤師

 外来や入院患者さんへの調剤業務と、調剤された薬の作用や安全な使用法などの説明(服薬指導)を行っています。
 また院内で使用する医薬品のさまざまな管理を行うとともに、医師、看護師等の医療スタッフへの医薬品に関する情報提供など行っています。

学校薬剤師

 学校保健安全法第23条で、大学以外の学校には「学校薬剤師」を置かなければならないと規定しています。各学校の環境検査、衛生管理などを定期的に行い、指導・助言をしています。児童・生徒足して、薬の正しい使い方、薬物乱用防止などに関する教育も行っています

製薬会社の薬剤師

 新しい医薬品の研究・開発や品質管理、さらに医薬品を正しく安全に使用するため、病院や薬局への情報提供を行っています。

医薬品卸の薬剤師

 医薬品の品質管理・適正な販売管理のほか、医薬品情報を収集し、医療機関や薬局へ情報提供しています。

行政の薬剤師

 麻薬取締官や主に医薬品・食品などの規制に関する法律を通じて国民の命を守る仕事などを行っています。

その他

 大規模な災害時に医療チームによる医療活動に参加し、専門家として医療救護活動に取り組みます。
 禁煙支援やドーピングに関する相談、薬物乱用防止活動も行います。
お薬手帳
かかりつけ薬剤師・薬局
JPALS
岡山県学校薬剤師会
支部サイト
ページの先頭へ