薬について
«一覧に戻る
【カテゴリー:症状と予防】
質問

エルシニア食中毒

回答

●特徴  
冷蔵庫でも発育する菌
5℃以下でも増殖するので、冷蔵庫の中でもどんどん増え続けます。
ふだんは主に家畜などが保菌し、汚染された食肉などを通じて感染しますが、加熱調理すれば、完全に予防できます。

●原因
食肉、牛乳、井戸水
牛乳、乳製品、食肉。
食肉を冷蔵庫で長期間保存しておくと、他の食品を汚染し二次感染をまねくことがあります。

●症状 
猛烈な腹痛と発疹
2~5日後に、虫垂炎(盲腸)のような猛烈な腹痛におそわれます。
大人の場合の下痢回数は1日2~4回ほどで、2歳以下の幼児では何度も下痢をくりかえし、軽い発熱もみられます。
発熱とともに発疹が出ることが多いのが、この食中毒の特徴です。

●予防 
・食肉は十分に加熱し、調理後は早めに食べる。
・食肉などの長期冷蔵は行わない。
・保存するときは、他の食品と分けて、できるだけ冷凍保存する。
・まな板、包丁、ふきんなどはよく洗い、熱湯や漂白剤で殺菌する。
もっと詳しい内容は TEL.086-294-9080 または質問投稿よりお問い合わせください。

ご質問はこちらから

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

検索はこちらから

カテゴリーの選択、キーワードを入力して、『検索』をクリックしてください。
カテゴリー
キーワード
ページの先頭へ