薬について
«一覧に戻る
【カテゴリー:食中毒の予防】
質問

保存

回答

●適切な温度管理
冷凍や冷蔵の必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷凍庫や冷蔵庫に入れましょう。
冷凍庫はマイナス15℃以下、冷蔵庫は10℃以下に維持しましょう(この温度で増殖のスピードが落ちますが、菌が死ぬわけではないので、早めに使い切りましょう)。
温かいものは冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

●詰めすぎない
冷蔵庫内の詰めすぎは庫内の温度が上がる原因になります。冷凍庫や冷蔵庫は、全体の7割を目安にして入れましょう。

●冷蔵庫の中を清潔に
肉や魚などはビニール袋や容器に入れ、他の食品に肉汁などがかからないようにしましょう。

●手を洗いましょう
肉、魚、卵を取り扱う時には、その前後に必ず手を洗いましょう(石けんを使い洗った後、流水で十分に洗い流します)。

●流し台の下もチェック
食品を流し台の下に保存する時には、水漏れなどに注意しましょう。
床に直接置いてはいけません。
もっと詳しい内容は TEL.086-294-9080 または質問投稿よりお問い合わせください。

ご質問はこちらから

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

検索はこちらから

カテゴリーの選択、キーワードを入力して、『検索』をクリックしてください。
カテゴリー
キーワード
ページの先頭へ