薬について
«一覧に戻る
【カテゴリー:症状と予防】
質問

ウエルシュ菌食中毒

回答

●特徴  
集団発生をひきおこす菌
もともと自然界に広く分布し、土、水中、健康な人の便の中にいます。
特に牛、鶏、魚の保菌率が高く、学校給食などのように集団発生するケースが多い菌です。
空気に触れると発育しません。
芽胞(がほう:胞子)は熱に強い抵抗力をしめします。

●原因
スープ、カレー、肉汁
肉類、魚介類を使った食品。
肉の揚げ物などを常温で放置しておくと、この菌はどんどん増殖します。

●症状 
軽い腹痛、下痢
12時間くらいで下痢が始まり、水のような便が出ます。
下痢は1日2~5回おこりますが、腹痛はあまりひどくありません。
嘔吐を伴うこともありますが、1~2日で回復します。

●予防 
・冷凍肉は完全に解凍してから調理する。
・室温で放置しない。
・調理後は早めに食べる。
・保存するときは、急いで冷まし、冷蔵庫に保存する。
・保存後の食品は再度加熱して食べる。
もっと詳しい内容は TEL.086-222-5440 または質問投稿よりお問い合わせください。

ご質問はこちらから

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

検索はこちらから

カテゴリーの選択、キーワードを入力して、『検索』をクリックしてください。
カテゴリー
キーワード
ページの先頭へ