Okayama Pharmaceutical Association
会員ページログイン

食中毒の知識

食中毒の予防
質問
リステリア症
回答
●特徴  
自然界に広く分布し、低温で発育
10℃以下でも発育し、食塩にも強く、低いpH(酸性が強い)でも発育します。
妊婦、乳幼児、高齢者など免疫力が低下している人に発症することが多く、死亡率も高いです。

●原因  
低温で保存された調理済み食品
乳製品、食肉加工品、生野菜。
さまざまな食品があらゆる環境から汚染される可能性があります。

●症状 
発熱、頭痛、嘔吐…インフルエンザのような症状
38~39℃の発熱、頭痛、悪寒、嘔吐などがあり、急性胃腸炎の症状は通常はおこりません。
重症になると、脳脊髄膜炎をおこし、意識障害やけいれんなどをしめすこともあります。

●予防 
・食肉は十分に加熱して食べる。
・他の食品と分けて保存し、早めに食べる。
・保存するときは、できるだけ冷凍保存する。
・まな板、包丁、ふきんなどはよく洗い、熱湯や漂白剤で殺菌する。
もっと詳しい内容は、
TEL.086-222-5440 または質問投稿より
お問い合わせください。

ご質問はこちらから

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

質問投稿ページへ

検索はこちらから

カテゴリーの選択、キーワードを入力して、『検索』をクリックしてください。
お薬手帳
かかりつけ薬剤師・薬局
JPALS
岡山県学校薬剤師会
支部サイト
ページの先頭へ