薬について
«一覧に戻る
【カテゴリー:食中毒の予防】
質問

下ごしらえ

回答

●基本は手洗い
調理の前、生の肉、魚、卵を取り扱った後には、手を洗いましょう。
途中で動物に触った後、トイレに行った後、おむつを交換した後、鼻をかんだ後にも
手を洗いましょう。

●調理前のチェックポイント
ゴミは捨ててありますか?
タオルやふきんは清潔ですか?
石けんは用意してありますか?
調理台は片付いていますか?

●汚染に注意
肉や魚などの汁が、果物やサラダなど生で食べるものや調理の済んだ食品にかからないようにしましょう。
ラップしてある野菜やカット野菜もよく洗いましょう。
生の肉や魚を切った後の包丁やまな板は洗ってから熱湯をかけたのち、使いましょう。
(肉用、魚用、野菜用と別々にそろえるとさらに安全です)
包丁、まな板、ふきん、たわし、スポンジ、食器は使った後すぐに、洗剤と流水でよく洗いましょう。洗った後熱湯をかけると消毒効果があります。たわしやスポンジは煮沸すればなお確かです。
井戸水を使用している家庭では、水質に十分注意してください。

●解凍する時
室温で解凍すると、菌が増える場合があります。冷蔵庫や電子レンジで解凍しましょう。水を使って解凍する場合には、気密性の容器に入れ、流水を使います。
料理に使う分だけ解凍し、解凍したらすぐに調理しましょう。
(解凍や冷凍をくりかえすと、菌が増殖することがあります)
もっと詳しい内容は TEL.086-294-9080 または質問投稿よりお問い合わせください。

ご質問はこちらから

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

検索はこちらから

カテゴリーの選択、キーワードを入力して、『検索』をクリックしてください。
カテゴリー
キーワード
ページの先頭へ