Okayama Pharmaceutical Association
会員ページログイン

食中毒の知識

症状と予防
質問
ナグビブリオ食中毒
回答
●特徴  
河川にすむコレラ菌の仲間
都市近辺の河川、沿岸部の海水にすんでいて、泥の中で増殖した後、水中に出てきます。コレラ菌の仲間で、コレラ菌のいるところには必ずナグビブリオもいます。
輸入された魚介類からの感染が増えています。

●原因  
輸入魚介類、生水
まぐろのさしみ、カニ、エビ、生カキ。
東南アジアなどコレラの流行地域から輸入した魚介類、飲料水。

●症状 
下痢、激しい胃腸炎
感染してから5~12時間で腹痛がおき、水のような便が出ます。人の腸の中で毒素を作りながら増殖するので、下痢とともに急激な胃腸炎をおこします。
嘔吐を伴い、38℃前後まで発熱することもあります。

●予防 
・4~8℃以下の低温に保つ。
・魚介類はできるだけ加熱調理する。
・輸入冷凍魚介類は完全に解凍してから、十分に加熱する。
・下痢症状のある人は食品の調理・取扱いをしない。
もっと詳しい内容は、
TEL.086-222-5440 または質問投稿より
お問い合わせください。

ご質問はこちらから

該当する内容がない場合は質問投稿からご質問を送信ください。

質問投稿ページへ

検索はこちらから

カテゴリーの選択、キーワードを入力して、『検索』をクリックしてください。
お薬手帳
かかりつけ薬剤師・薬局
JPALS
岡山県学校薬剤師会
支部サイト
ページの先頭へ