• ホーム
  •  » お知らせ
  •  » 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の電子化について
お知らせ
2021.03.15

日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度の電子化について

現在、日本薬剤師研修センターにおいて、新たに薬剤師研修・認定電子システム
(略称:PECS)を構築し、本年9月の稼働を目途に準備が進められています。

薬剤師研修・認定電子システム(略称:PECS)

薬剤師研修・認定電子システム(略称:PECS)では、現在、日本薬剤師研修センターが書類を
用いて行っているものをすべて電子的な方法で行うこととなり、研修受講シールや薬剤師研修
手帳は廃止されます。
PECSで受講記録の管理が行われ、認定申請はオンラインで行うことになります。
(認定薬剤師証および認定薬剤師カードは従来どおり)

利用するには薬剤師一人一人がPECSに登録し、ユーザーIDの交付を受ける必要があります。
PECS登録しなければ、今後は研修受講単位の交付を受けれません。

なお、現在の掲載情報は令和3年3月4日時点のものですので、今後変更になる可能性があります。
詳細につきましては、下記の日本薬剤師研修センターホームページの認定手続き等の電子化
(お知らせ)をご覧下さい。


PECS稼働までに取得した研修受講シールはオンライン申請時に単位数を入力し、研修手帳または

「研修受講シール整理表」に貼付して別途送付することになりますので、紛失されませんようご留意ください。



PECSの登録について

事前登録が開始されています。
日本薬剤師研修センターのホームページで令和3年7月末までに登録をお願いします。
*対象:研修認定を受けるすべての薬剤師(現在支援システムに登録されている方も改めて登録が必要です。)
*個人のこれまでの認定状況の取り込みは、登録後2~3か月かかる予定です。
 稼働前の上記期間中に登録時に必要なものをお手元にご用意の上、ご登録ください。

【登録時に必要なもの】
・薬剤師免許証(登録番号・登録年月日)
 ※薬剤師免許証登録番号、登録年月日、生年月日の入力を間違えた場合、修正ができないので
 ご注意ください。
・パソコンまたはスマートフォン
・メールアドレス(他の人と共用・共有不可)
・使用可能なブラウザ
 Microsoft Edge  、Google Chrome 、Safari

  ↓↓↓ 登録はこちらから

【注意事項】
PECS登録完了後、ユーザーIDがメールで送信されます。
ユーザーIDは紛失するとPECSが利用できなくなりますので、直ちに印刷して
なくさないよう保管してください。

令和3年9月以降の研修の受講管理方法

PECS登録時に入力したパスワードと交付されたユーザーID(個人で厳重に管理)を用いて
PECS稼働後は下記のことができるようになります。

・QRコード表示     ・研修等の修了状況
・受講、受験申請     ・レポート提出
・受講歴一覧                   ・認定申請
・IDカード発行申請          ・個人情報変更

*QRコードの取り出しなどの機能が使用できるようになった際には、PECS登録時のメールアドレスに
 お知らせが届きます。
一度交付されたQRコードは、薬剤師名簿登録番号と紐づいているため、変更されることはありません
 のでご注意ください!

「日本薬剤師研修センターホームページ」⇒「薬剤師支援システム」⇒「薬剤師用入口」を
クリックし、ユーザーID・パスワードを入力することで薬剤師メニュー画面に入れます。
(稼働後はこちらのページからリンク先を作成予定です。)

研修の受講について

研修の種類受講方法注意事項
1.集合研修
①受講申し込みはその研修実施機関の
 募集方法による
②集合研修受講・学術集会出席に必要な
 QRコードはPECSにアクセスして入手
③開始時・終了時にQRコード(印刷して
 持参)を読取り機にかざす
スマートフォンなどに取り込んだ
QRコードでも使用はできますが、
機器の不具合によってQRコードが
読み取れなかったときは、本人の
責任とされ単位は付与されません。
紙面印刷が推奨されています。
2.学術集会
3.e-ラーニング研修研修実施機関の定める方法で受講する
※研修センター主催はPECSにより申込
4.ウエブ利用研修
(集合研修即時配信)
研修実施機関の定める方法で、受講する
5.ウエブ利用研修
(学術集会)
6.自己研修定められた方法により、PECSを用いて
薬剤師個人が研修センターに申請する
(1申請1単位)
7.学術集会等発表
8.学術雑誌論文掲載
ページの先頭へ