在宅医療受入薬局を紹介します

薬剤師は、地域の医療・介護の専門家とチームを組んで在宅訪問に取り組みます。

現在、超高齢化社会に対応する医療・介護の体制として、住み慣れた地域の日常生活圏域内(おおむね30分以内)において、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが切れ目なく、有機的かつ一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の整備が進んでいます。その実現には、地域の医療・介護職種の連携による適切な医療・介護サービスが提供されることが必要です。
 岡山県薬剤師会では、積極的に在宅訪問に取り組んでいる薬局を「在宅可能薬局」としてご紹介しています。

「在宅可能薬局」の薬剤師が出来ること。

「在宅可能薬局」の薬剤師は、医師の指示のもと、医療・介護保険制度を利用して、在宅医療を受けておられたり、通院が困難な患者さまのお宅へお伺いして、お薬の説明や管理、飲み方のご指導など、「薬の専門家」として療養や治療のお手伝いをさせていただきます。(介護保険の利用限度額には含まれません)。
地域や条件から「在宅可能薬局」を検索できますので、薬局選びのご参考にご利用ください。



医療・介護関係職種の方へ

岡山県薬剤師会は、在宅医療に積極的に参加する薬局の名簿「在宅可能薬局リスト」(平成25年3月版)を作成しました。

ご希望の方は岡山県薬剤師会事務局までお問い合わせください。(TEL:086-222-5424)

[様式例]患者情報提供書

「在宅可能薬局」の登録について

新規での登録、変更のご希望がありましたら、下記様式にご記入の上、岡山県薬剤師会事務局までお送りください。

登録削除をご希望の場合は、岡山県薬剤師会事務局までお知らせください。

ページの先頭へ